当たり前のことが当たり前ではない

過日、TVを見ていたら二ティーンズ中頃ぐらいの男性が第三者と話すのが憎悪だけれど、態度業務なので克服したいので、落語持ち家に弟子入りを通して、標的が何を企てるのかを見極めて、お喋りに繋げていくといったようなTVがあっていました。その履歴はもちろん、勉強になったのですが、頂点度肝を抜かれた形勢が憎悪を克服するために弟子入りした際、その男性がお茶を入れるように頼まれた形勢です。その男性はとにかく、湯呑みを手段に持ち、そこにじかにお茶っぱを入れて湯を注いだのです。中国式ですか?お茶ぐらい誰でも淹れるだけならば淹れれますよね?上手く淹れるのは酷いけれど、お茶の入れサイドぐらいは流石に分かります。落語持ち家ちゃんも唖然、日本のサイドですよね?と戯言だけれどもいってしまう対応。私も見ていて唖然としました。けど、それが現代のティーンズなのかもしれないですね。僕は家で急須でお茶を入れて飲むのは当たり前でしたが、最近はペットボトルやティー手提げのお茶があるので、家でお茶を入れないのが当たり前の一家もあるのかなと、年とともに当たり前の外見も変わっていくのだなと思いました。chrigulefilm.com